admin

知らないと損する!エントリーシートの書き方

エントリーシートとはどんなもの?

就職活動において面接を受けるためには、まずエントリーシートの提出が必要になります。多くの人材を募集する企業の場合、個別に面接をしていては膨大な時間がかかってしまいます。そこである程度ふるいに賭ける意味で、エントリーシートで選別をしているわけです。つまりここでいかに人事担当者の目に留まるようなアピールができるかが重要というわけです。

エントリーシートに記載する必要な項目とは?

エントリーシートでは、応募者の様々な特徴を捉えようとします。人柄や経験、考え方や能力などです。その疑問に答えるようなアピールをする必要があるというわけです。単に自分の志望動機やこれまでの経歴を羅列するだけでは、相手の心には響きません。どのような内容を書けば良いのかを理解することも必要です。

エントリーシートは簡潔にアピールポイントを書くこと

まず大切なことは、読みやすい文章を心がけることです。無駄に長い文章とならないように注意して、アピールポイントを具体的に書きます。その際には根拠も記すと効果的です。例えば過去のこのような経験から、こんなことを得意としていますといったことです。そして抑えておくべきことは何ができるのかと、何ができるようになるのかです。つまり自分の成長力もアピールする必要があります。特に新卒者ならば社会経験はほとんどありません。そこでアピールすべきは成長力の高さとなります。それを具体的なエピソードを添える形で記すことが大切です。文章の構成からも、その人の思考などが浮き彫りになるので注意が必要です。

長く働ける職員が欲しいが募集時期が遅れてしまったというような会社にオススメです。新卒紹介で良い人材を見つけられます。

Related Posts