admin

こんな場所でも活躍!英語が活かせる仕事の種類

先ずは基本的な英語力があれば

英語を必要とする仕事は世の中に様々ありますが、仕事内容によって、求められるレベルも違っています。比較的に軽度のものとしては、輸出入業者の代わりに通関手続きを行う通関士が挙げられます。通関士になるには、英語を含んだ試験に合格しなければなりませんが、高度な英語力は要求されません。また、実務においても、基礎的な英語力があれば、対応できることが殆どです。同じく基礎的な語学力で対応できる仕事として、入国審査官が挙げられます。国家公務員の採用試験に合格する必要がありますが、採用後に語学研修があるので大丈夫です。

やっぱり外資系と観光業界

英語力が必要な企業職としては、外資系広告代理店のプランナーが挙げられす。クライアントの要望に基づいてプロモーション戦略を立て、企画や提案を行う仕事です。海外系の広告ツールには、全て英語対応なものが多く、ガイド記事などの読解力が必要になります。加えて、広告業界では、折に触れて専門用語を英語化するので、英語を修得していれば、臨機応変に対応することが出来ます。その他、最近では観光産業で、英語力の向上が図られており、外国人向けのガイドなど、即戦力として求められています。

テーマパークでは即戦力

観光地の即戦力として、英語を話せる人の需要が高まっていますが、 それはテーマパークにも当てはまります。訪日外国人が増えるなか、彼らの目的地の一つになっているからです。案内業務をするスタッフをはじめ、レストランや売店、そしてアトラクション係に至るまで、「おもてなし」のスキルとして英語が重要視されています。実際、留学経験者やTOEIC高得点者は、就職に有利だと言われており、キャストの語学指導のスタッフとしても重宝されています。

英語の転職では、英会話能力を積極的にアピールすることで有利に進めることができ、自分のスキルを活かしたい場合に最適です。

Related Posts