admin

ほんとに未経験でも可?!CADオペレーターとして就職したい!

未経験でも専門知識は必須

経験はないけれどCADオペレーターとして就職したい!そんなとき、「未経験可」の求人は大きなチャンスです。

しかし未経験とはいえ、現場で仕事を任されるにはCADオペレーターとしての専門知識は必須です。テキストやソフトで基礎知識を必ず身につけましょう。入社してから知識を授けてもらう、という待遇を期待していては道は開けてきません。実地経験はなくとも現場で必要な知識は持っていることをしっかりアピールできるようにしていきましょう。

専門の資格を取得しよう

求人の応募条件に資格の記載がなくとも、専門の資格を持っている事は大きなアピールになります。経験がなければなおさら、CADの資格は保持しておきたいところです。

各資格によって難易度も違ってきます。「CAD利用技術者資格」や「建築CAD検定資格」は人気、難易度がいずれも高い資格となっています。資格は積極的に取得したほうが、未経験からの就業につながるきっかけとなります。

テキストでの自習だけでは取得が難しい場合には、通信教育を受けたりスクールに通ったりする方法もあります。

現場は常に即戦力として働ける人を求めているので、業界未経験のままでは就業が難しいこともあります。

就職活動がうまくいかない場合には、正社員という雇用形態にとらわれず、まずは経験を積むことを優先しましょう。派遣社員やアルバイトなど正社員以外にも様々な雇用形態での募集があります。そこから少しずつ経験を積んで正社員を目指すなど、長い目で計画を立てていくことも大切です。

CADオペレーターの「CAD」とは設計図などを作成するためのソフトで、オペレーターはまさに設計の際に必要不可欠な仕事です。設計の変更点を訂正していくので細かい仕事ですが、やりがいのある仕事といえます。

Related Posts