admin

役に立つ!?現役介護士がおすすめする介護求人の選び方ポイント

経営母体を探ってみる!!

施設を経営しているのはどんなところか注目した方が良いです。雰囲気にも影響します。個人的には社会福祉法人や病院系列を選ぶのがおすすめです。経営状態が不安が少ないということと、介護に理解があり働きやすい場合が多いです。逆に土建屋系といった畑違いから参入してきたところは注意した方が良いかもしれません。介護に対する姿勢が違う場合があるので。また、規模が小さすぎるところも注意。経営状態が悪化すると、必要なものを減らしたり金銭的な面で不利になります。

職員などの人当たりを見てみる!!

見学などでいった時は、職員の様子を見ましょう。ある程度、感じが良くて自分にあっていると思うところが良いです。しかし、感じ良すぎるのには警戒も。例えば挨拶とか声かけが完璧というようなところは教育が厳しくて働きにくい可能性も考えられます。またニコニコと人当たりが良すぎる人がいる場合も要注意。介護は長期間の付き合いになります。いざ入ってみたら裏表に嫌気がさす可能性も。

そこにいる人の勤続年数に注目!!

勤続年数は働きやすさのパロメーターです。いろいろな勤続年数の人がいるところが働きやすいと思います。計画的に人員をとっているとか教育面などもしっかりしている可能性、人間関係もなじみやすいなどが考えられます。勤続年数があまりに短いところは、何か問題がある可能性が高いです。また勤続年数が長い人しかいない場合は教育面が不慣れで新人が続きにくいということがあったり、人間関係が固定されていて中に入るのが難しかったりといったことがある可能性が考えられます。

介護の求人は今ハローワークで多い求人の一つです。高齢者社会のこの時代に介護の働き手が不足しているのが原因です。

Related Posts